2018年04月26日

蜻蛉玉職人とjazz。◎根つけ&緒絞め玉と「MP袋」。

小袋の根付けや緒絞めに使う蜻蛉玉は江戸時代には男性の「小物」の飾り玉として結構使われてたそうで御座います。



手提げの小袋や煙草入れ。印籠などの根付け玉としての役割で御座いました。



現在は小袋を普段持って歩く事もなくなりましたが、別な意味で重宝してる方も若干一名いらっしゃいます(笑)。



師匠はトロンボーンと言う吹奏金管楽器を吹いて居ます。その楽器には「マウスピース」(歌口)と言う楽器の先端に着けて音を出す物が付いています。


大抵金属で出来た小さいけど重く、材料の割には「何でぇ〜!」って思わず声が出る程の高価な物です(笑)。


考え様によっては非常に大切な物ですので皆さん楽器以上に大切に丁寧に扱ってるミュージシャンも居ます。


当然専用のマウスピース用にケースも販売されて居ますが、アタシは小袋に入れて持ち運びしております。(写真)この写真を見てすぐに解る方は金管楽器をご存知の方でしょうね!



勿論袋の中にはクッションとなるスポンジとラバーで内装して保護してありますが、外からはそれは解ら無い様になって居ます。



蜻蛉玉職人組合【雷神宮賛社中】工房ギヤマン平七組製作の蜻蛉玉根付け玉の付いたマウスピース入れの小袋。師匠手縫い!…のお手製で御座いますょ(笑)。
180424_2119_001.jpg
180424_2124_001.jpg
posted by ueda at 19:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

蜻蛉玉職人とjazz。◎花乱舞!

花吹雪の乱舞も終わりまして八十八夜も目の前!



駿府は牧之原の台地では新茶の季節で御座います。



牧之原台地をゆっくりと下ると目の前には太平洋の海原!あの素晴らしい景色は忘れられませんネ。



新茶の季節はまた田植えの季節でも御座います。


五穀豊穣!この島には豊かな自然の営みが依然として残って居ますね!。有難い事で御座います。
180424_2058_001.jpg
posted by ueda at 20:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蜻蛉玉職人とjazz。◎根つけ玉を考える

和装関係のお品で。和装小物の「小袋」や「手提げ袋」の【根つけ玉】のご注文を頂く事が御座います。



その「小袋」が和装小物品として然程高価なお品でも御座いませんと、玉のお値段を申し上げるのに、こちらが躊躇する時がたまに御座います(笑)。


【小袋】も格別特殊なお品で、細工も造りも行き届いた上質のお品で御座いましたら、蜻蛉のお値段ともバランスもとれるので御座いますが…。



お茶席に…とか、お花の席にとか…。お招きのお席の雰囲気や場の環境も考えたお品として、出裟張らずあくまでも助演賞を狙った「根付け玉」仕様に仕上げる事に神経を使っております。


春爛漫から初夏へ!和装品の出番も増える季節になりました。平七。
180421_1635_001.jpg
posted by ueda at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

蜻蛉玉職人とjazz。◎昔の仲間が…。

現役ミュージシャンしてた頃の仲間の訃報がまた御座いました。



沢山のミュージシャンの中でも、同じバンドに所属してたり、同じ音楽事務所だったりした戦友はまた格別なので御座います。



病から見事に立ち直って、また音楽活動を再開した仲間もいますが、彼岸に急ぐ奴もおります。


我々の年代になりますると、ある程度は致し方無い事では御座いますがまっこと、寂しい限りで御座います。


そんな土曜日。告別式には参加出来ないので、夏日になった夕方に、いつもの鎮守の杜に行って冥福を祈って参りました。(写真)
180421_1054_001.jpg
posted by ueda at 21:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蜻蛉玉職人とjazz。◎近付く黄金週間!

中東はシナイ半島から遊びに来てた誇り高き「ヴェトウィン族」の硝子職人も無事に帰国致しまして、雷神宮賛社中工房も淡々と日々の作業が流れる日常に戻りました。



さて、世間様が賑わう【黄金週間】を控えて、零細手仕事を生業にする我々にも多少のオーダーの増加?等の恩恵?…はありますが、日々の暮らしには特段変わりは御座いません。



この来る【黄金週間】には久しぶりに休みを頂いて、奥三河の室町時代から続くと言う伝統のお祭りを見に行って来ようか!と考えて居ます。



【神々】の前でくり広げられる日本独自のお祓いや神事の舞い!御神楽は大好きで御座います!


生まれは神田の宮本町。育ちのは奥飛騨の鉱都神岡。


鉱山の「四柱神社」の本殿で伝統の御神楽【劔乃舞い】を舞った小学生の時。



舞いの手順は忘れてしまいましたが…、二振りの「神刀」のズッシリとした重さと、本殿のゾクゾクする底冷えの寒さ!…を今でも懐かしく覚えて居ます。



春まだ浅い故郷奥飛騨では、コブシのマンサクの花が残雪の二十五山に咲き乱れて居る頃で御座いましょうか…。
IMG_2130.jpg
posted by ueda at 21:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする