2018年05月25日

蜻蛉玉職人組合【雷神宮賛社中】工房たより。◎黄色い花蜻蛉玉。

緑の地玉に黄色い花!


常識的なベストマッチな事は解ってます。…が【黄色い花】この色が意外と難しい(>_<)。



特に、暖色系の硝子には【作業工程】により【煤】が混入したり、温度変化で硝子が変色したり(`ε´)となかなか難しい色なんで御座いますょ。



我らの工房は作業する中心のお釜に【灯油バーナー】を使って居ます。


まるで明治、大正の時代に遡った様子の工房内なので御座いますが…(笑)。



灯油バーナーも只今の機械的な性能では「完全燃焼」に近い炎が出なくて、私が徹底的に改良を加えて燃焼効率をあげる対応をしてはいますが、最近の新しい能力の高い「瓦斯バーナー」の完全燃焼の様には参りません!


使い方次第ですが、どうして石油バーナーは煤が入ったり変色をするのは致し方ない事で御座います。


何とかならないかと色々とバーナーの小さな改良を加えてはおりますが、まだまだ不完全な状態で使用を余儀無くされております。


しかし暖色系硝子以外の硝子では特段問題は無いので粗方の仕事は灯油バーナーで済ませております。


さて。いよいよ来月からは【浴衣】の出番になりますね。城下町散策に浴衣のギャル!

夏の城下町風情がまた一段と華やかに賑やかになりますわ!
FullSizeR2028829.jpg
posted by ueda at 20:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

そして時々…蜻蛉玉職人。

やはり、時々であっても…jazzやりながら自称でも(笑)蜻蛉玉職人らしき?事をして暮らしてる変態な人は、アタシ以外には流石に居ないみたいですネ(笑)



まぁ、隠れ変態はとんぼやjazzに関係なく沢山いる!…と言うのが厚生労働省の非公式な見解ですが…(笑)



公文書の信頼が今や全く無くなりましたから、その非公式なデーターも怪しいもんですが…(笑)


jazzやってる蜻蛉玉作家さんや、自称でも職人さんがいらっしゃれば互いに連絡を取り合って仲良く情報交換したり、コレクションの楽器自慢したり、ステージで密かに穿いて楽しむレアーな渋いfundoshi自慢もやりたいのですが、未だにどなたからもコメント等はあがって来てませんから…やはりとんぼやってる方でjazzやってる人は居ないのかなァ!


6月10日。三河の知立市の市民会館(パテオ)にて「愛知県社会人ビックバンド連盟」主催のビックバンドの祭典。【ビー・ハッピー・ジャズ・フェスティバル】が開催されます。入場は無料。愛知県で連盟に加入してるバンドが朝から夜まで…一日演奏します、楽しめます。

とんぼ玉をやって無くても、楽器をやって無くても、jazz好きな方は是非会場にお越しください。 

因に、師匠は【アイシン・オールスターズ】で第二部の一番最初に出演致します。


差し入れ大歓迎です!できれば花束よりも現金か有価証券なら余計に嬉しいです(笑)。


楽屋はステージ裏になります。では!
_20180318_231145.JPG
posted by ueda at 18:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

そして…時々蜻蛉玉職人。

瑞穂の國は豊かなり!


この島を代表する?お坊っちゃまが、永田町で竹馬の友とか、天然の嫁さんの件で目くそ鼻くその野党様から虐められてるうちに、平和なこの島の田圃にはヤマトの命の綱「瑞穂」が見事に出番を待つ季節になりまして御座いますね(写真)。



お隣の半島が仲良く一つになり、その後ろ楯の大国が半島を呑み込むその日が来ようとも!我関せずと面々と続くであろう大地の営み。


大陸で密かに進行中の大きなこれからの歴史の流れを想像出来ない永田町や霞ヶ関の賢人達。


そんな茶番に関係無く、何時の時代も百姓は強かにシブトクこの大地と共に活きております。…例えこの島の隅々に赤い色の「旗」がハタメク様な時代が来ようとも!…です。



永田町で虐められてるABのお坊っちゃま。その五年間のお遊びの時間も間もなく終わるでしょう。そして次なるお坊っちゃまがまたぞろ【ソンタクごっこ!】のお遊びをお友達と始める。だってお坊っちゃま方のお遊びに違いは御座いませんもの(笑)。



そして…いつもお坊っちゃま方の仲間に入れて貰えないメカケ子。継子のお坊っちゃまや御嬢様方は、あいも変わらず冷飯を食らい、益々卑屈になって行く。



先ず先ず30世紀になっても…いやいや!太陽が西の方から上がっても、この虐げられた人達は陽当たりの良い部屋に住まう事は無いだろう!…と言うのがこの島の政治アナリストと称する政治破落戸どもの統一した見解で御座います。



尾張の穣な大地に、田植耕運機のエンジンの音が響く日が近付いて来ました。


永田町や霞が関がどうで有ろうが、この実りの大地が有る限り、田圃に足つける人が居る限り、五穀豊穣。国家安泰。天皇家万歳!で御座います。

180522_1349_002.jpg
posted by ueda at 18:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

そして時々…蜻蛉玉職人。◎初夏の鎮守の杜。

度々、このブログにも登場します近所の鎮守の杜「白山公園」で御座います(写真)。


毎日の早朝散歩や、楽器持参で行く「国立式早朝ロングトーン」…等々で日頃からお馴染みの大切な場所であり、大変お世話になってる処で御座います。



最近は、特にわけあって、特別な祈願をかけに「御百度詣り!」もしておりまして、益々お世話になってるわたしにとっては一番身近で大切な【聖地】でも御座います。



早朝。此処を訪れますると心がアラワレます。何ともピュアーな清々しい気持ちになります。

また、ここで吹かせて頂いてる「早朝ロングトーン」は格別で御座いまして、一音一音が何だか特別な音として聴こえる?…から不思議で御座います。神様の住まふ処。神と一緒に出してる「音魂」だからだと思って居ます。


凡人で御座います。願い事は沢山ありますが、今はただ、姪っ子の病気回復の願いがこの社で祈る中心で御座います。合掌。
180515_0819_001.jpg
180515_0820_001.jpg
posted by ueda at 20:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蜻蛉玉職人とjazz。◎ポートサイドジャズイン清水の続き!

演奏中の写真や情景がわからない!…と個人メールで長年のご贔屓様からお叱りを受けましたので、一部写真を掲載します(笑)。



年老いた師匠の介護で、一緒に同行してくれた最後の弟子でありギヤ万平七組のマネージャーでもある胡蝶先生が写してくれました写真で御座います。宜しくお願い致します(笑)
imageハワ.jpeg
imageわ.jpeg
posted by ueda at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする