2017年08月12日

とんぼ玉職人組合【雷神宮賛社中】工房たより。◎1962年…マウント・バーノン工房!。

ニューヨークはマンハッタンで創業した【ヴィンセント・バック】社。


1928年から1953年まで《ニューヨークのブロンクス》に製造拠点が御座いました。


そして1953年から1965年までは同じくニューヨークの《マウント・バーノン》に工房を構えて居たそうで御座います。



いよいよ会社がメジャーの仲間入りをした1965年からは、インディアナ州の《エルクハート》に会社工房を移して製造を始めるのですが、このインディアナ州の「エルクハート」で製造された以前の楽器はエルクハート製造の楽器と区別するために総じて【ニューヨーク・バック】と呼ばれてるそうで御座います。皆さんはご存知だと思います。


そして、まだまだ細かく分類する事もあるそうで御座いまして…厳密には楽器のベル部分にある刻印に「NEWYORK」とあるのは【ニューヨーク・バック】と呼び、「MT.VERNON」と刻印が有るのは【マウント・バーノン・バック】として分類するのがプロの正しい見分け方だそうで御座います…細かァ〜!(笑)。これはご存知でしたか…?あたしゃ〜知りませんでした(笑)。



で。ワタシ個人的にはその《マウント・バーノン》工房製造(1961年)のVバック・ベーストロンボーン【50B】と、同じく付属のマウスピース【1ハーフG】を国立音大学生時代から「高橋達也&東京ユニオン」時代にかけて長らく使っておりました(1961年から1976年)。



そして今は名古屋に住まい、名古屋の「ドルチェ楽器」に出入りしてスタッフの皆さんと仲良くさせて頂いて居ますが…たまたま、その徒然の話の中でのマウスピースの話で盛り上がったおりに、ドルチェさんからの情報として有名な【Willie's】の中込君の山梨工房に、マウント・バーノン時代の「1ハーフG」サイズのベーストロンボーン・マウスピースの子細な実測『サイズデーター』が有る!


…そして、そのデータを元に「復刻再製版マウスピース」なるものを造る事が今の技術で可能である!…との嬉しい信じられない様なニュースが飛び込んで来たので御座います。


ウイリーズ社長の中込君とは国立音大先輩の細洞さんがプロデュースする「飛騨トロンボーンフェスティバル」や「八ヶ岳トロンボーンフェスティバル」に参加した際に親しくなりまして顔馴染みだったし、彼の工房のマウスピースも一本持っても居るご贔屓様でも御座いました(笑)。



しかし、あたしゃ〜!長年この「マウント・バーノン」製のマウスピースは探し続けて居たので御座いますよ。


で、渡りに舟!…冷やし中華に「辛子」!焼きナスに生姜!(笑)で御座いまして…藁をも掴む思いで早速注文したのは当然で御座います。



そして某月の吉日!…ついに尾張の我が猿Bb工房に待ちに待った「マウント・バーノン復刻版」のマウスピースが新たな刻印【Q1-1/2G】カスタムとして、金ピカ状態でやって来たので御座いますょ!


『お祝いだァ〜!』と早速歓迎の宴を盛大にひらきましたよ。


時期も時期!地元に近い清流長良川で捕れた「鮎」を買って来て「鮎の田楽」作りで御座います。


西京味噌(白)と八丁味噌(黒)を混ぜて合わせ味醂で甘口にしてたっぷりと付け火で炙ります。酢どり生姜を添えて先ずは鮎の田楽の出来あがり〜ぃ!。

お付けの口直しは「小なすの蓼漬け」を作り江戸風にまとめました!…季節感たっぷりの「祝膳」と致しましたよ(笑)。しかし、田楽炙り鮎。美味しかったス!



…その祝い膳で盛大に迎えたマウントバーノン復刻版マウスピース衝撃の再会?…から二ヶ月余り。


アタシのtrbの【質…たち…】が決定的に変わりました!。


マジ。手前味噌でも八丁味噌でも(笑)…自画自賛でも自我手愛?でも…まぁ、何でも良いですが、猿Bb工房のQカスタムトロンボーンがまるで違う【トロンボーン】に変身した様に鳴るので御座います(笑)。無茶苦茶調子良いのです。


いゃ〜!10年前に約40年振りに楽器を再開吹き始めて以来久しぶりに味わう自己満足感!こんな時が来ようとは想像だにして居ませんでした。


原因はこの復刻版マウスピース以外に考えられません!


ドルチェ楽器様のお陰!
中込大明神様のお陰!ウィリーズ様!のおかげ!マウントバーノン様!のお陰で御座います。(笑)。



一番印象に残る時代の馴染んだ「マウスピース」。


確かに復刻再製物では御座いますが、昔のQちゃんの【音】をこのマウスピースで身体が思い出させてくれてたんですねぇ!感謝で御座います。
170810_1947~001.jpg
posted by ueda at 07:49| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする