2017年07月31日

とんぼ玉職人組合【雷神宮賛社中】工房たより。サマージャズ!

名古屋【Groovin summer2017】…が開催されました。行ってきました。


名古屋栄のど真ん中!オアシス21で毎年開催される名古屋の夏のjazz大イベントで御座います。


ビックバンドが約20団体参加。今年の目玉は最終日に「エリック宮城」さんが出演する事!無料で聞ける!…と言う事です。



二日目の夕方から、弟子のYちゃんが居る「スィンギー・ガイズ・ジャズオーケストラ」が出演との事でとんぼ玉作家の胡蝶さんと待ち合わせて行ってきました。


例年この時期の野外コンサートでは熱波地獄にやられるのですが、この日は曇り空でわりと我慢出来るお天気でした。


会場は超満員!


わりと大人しい尾張人としては珍しく結構ハシャイでおりました(笑)。


「スィンギーガイズ」の演奏はやはり「際立って!」おりました。

「うるせェ〜!」のバンドが多い中、流石のベテランバンド。経験の差…なんでしょうか?会場にマッチした【選曲】と【演奏バランス】


昨日や今日のバンドには出来ない芸当で御座います。

Yちゃんも生き生きとバンドに馴染み楽しく演奏してましたので本当に良かったと思いました。

【うるせェ〜!】バンドが多いのは何故か?原因は沢山有るのでしょうが…一番の原因は「音のコントロール」が出来て居ない!この事だと思います。


目ーイッパイ!吹かないとその音が出ない(笑)。音に「強弱」の加減が出来て無いからで御座います。


これは基本的に事です。


個人練習でSound造りを努力するしか方法は有りません。


と「聴く耳を持つ」事です。


恐らく自分の音しか聞こえて無いのだと思います。もしかして自分の音も聞こえて無いのかも?(笑)。


デカイ音…は決して指示されては居ない筈!フォルテ…はデカイ音では有りませんよ!「うるせぇ〜!」バンドに早くオサラバしてほしいなぁ〜と感じた一日でした。

170730_1713~001.jpg
posted by ueda at 20:09| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
名古屋のど真ん中で、そんな大規模なイベントがあったのですね。
音量に話ですが、会場によっては、戻りがほとんどなくて「自分や周りの音が良く聞こえない→音量を上げる→周りもそうする→うるさくなる」になりがちです。戻りが無くとも客席の位置でどのぐらいに聞こえるか想像しながらコントロールするのは難しいですね。これが出来るのはかなり場数を重ねた上級者だと思います。

それにしても、この手のイベントでエリック氏の人気にあやかって観客動員する手法は、定番化しているようですね。

個人的には、対抗馬となるようなスターの登場に期待しております。
Posted by ytb at 2017年08月03日 12:33
宮城さん。多少個人的には「飽きて」きました(笑)。ハイノートが鼻について来た!と言うのがワタシの正直な気持ちです。確かに人は呼べるるんでしょうが…アマチュアのジャズフェスティバルにプロのミュージシャンは必要無いです。
ど素人だけで愉しめばいいじゃ有りませんか?(笑)。…と思いながらもこそっと聞いて帰りましたが…その辺りが師匠らしい処で御座います(笑)帰りに食べた「豚骨拉麺」…酷い味で久しぶりにに不味い拉麺ごちになりました!

Posted by 師匠 at 2017年08月03日 18:38
所長、師匠

最近日本のラーメン、「美味しい確率」低くなっていると思いませんか?15年近く前にもなりますか、2000年代前半に10年以上ぶりで帰国したとき、日本で食べたラーメンはどこに入っても美味しかったのに、最近は美味しいと思うラーメンに出会うことがめっきり少なくなりました。新大久保のタンメン、今や貴重な存在です(笑)。

エリックさん(そういえばひと頃、チックコリア・バンド出身のエリック・マリエン猿氏もよくアマチュアバンドのゲストに呼ばれていましたね)など大型ゲストを招いたイヴェントは、昔で言うところのキャバレーの「スペシャルゲスト・愛染恭子」的なちょっといやらしい商売っ気がありますかね(笑)。いっそサーカスの象さんとかでもいいんじゃないかなどとも思いつつ、宮城氏他の諸氏もそれで御足を頂いているのでしょうからそちらの商売の邪魔になる様な事を言ってもいかんし、集客を狙うアマチュアバンドの下心があってこそのスペシャル・ゲストですから「需要と供給」の面でもあり、なのでしょう。

それでも、アマチュアはアマチュアだけでやるのが王道だろうとは思いますね、ゲスト頼みでリサイタルなどよりも、地元に根付いた演奏活動(商店街の客寄せ企画とか?チンドン屋さんが営業妨害だって怒るかなぁ)をしている方が好感が持てるかな、とは思います。

最後に、ファーガソン的ハイノートはわたしも「もういいかな」と思います(笑)。エリック氏にはなんの文句もありませんし、あの方はスタジオ系でもトップクラスの有能な音楽屋であると聞いています。ただわたくし個人的には、葉加瀬太郎氏とエリック氏はもうお腹いっぱいです(笑)。


  S
Posted by ST at 2017年08月04日 22:02
ラーメンの話ですが、関東でも家系ラーメンが出て来たあたりから、多少割高でもドロドロスープのラーメンを出せば、それを旨いと感じる自称「通」が一定数集客出来るような流れが出来てしまったようで、新しく出来る店が濃厚豚骨ラーメンだらけという、ご馳走様状況がここ暫く続いております。特につけ麺主体の店は、麺がやたらと太く、中華麺独特の風味を消してしまったり、スープはスープでコーンポタージュスープのような粘度、味は塩分濃縮2倍、1日の動物性脂肪の許容量を超え、悪食の私でも腹を壊してしまうようなものが平気で出されていることが多く、辟易しております。

それでも、「今度こそ」と淡い期待をして入ってしまうのですよね(笑)。


Posted by ytb at 2017年08月05日 07:16
Posted by 師匠 at 2017年08月05日 18:47
本当にラーメンは味で崩壊しましたね。「中華そば」の頃迄が良かったのでしょうね!醤油で鰹出汁!細麺で薄味。豚骨だゴテゴテ油の素人拉麺が増えて来て今や本当の拉麺屋を見つけるのは至難の技ですネ。人口一万人未満の田舎に行くと、駅裏辺りの汚い店で、意外に本物の拉麺が出てきたりします…\480両の(笑)。雨後の筍の様に発生して来る素人がやってる
拉麺屋には困ったものです(>_<)新大久保湯麺…早く食べたいなぁ!チャーハンはどうでしたか?
Posted by 師匠 at 2017年08月05日 18:59
福しんのチャーハンは値段相応だったような気がします。餃子は値段の割には頑張っていたような気がします。

「街中華」のラーメンも当たり外れはありますが、たまにシンプルで美味しいのがありますよね。価格は高くとも500円台が理想的です。そして、メンマ、ホウレンソウ、ナルト(特に重要)の三種の神器は欠かせません(笑)。個人的にチャーシュー不要派ですが、お店がどうしても入れたいならば、干からびた感じの小さい奴を一枚でいいです。



Posted by ytb at 2017年08月05日 22:39
えぇぇぇぇそうですよねぇ困りました、どうしてシンプルで美味しいラーメン屋はだんだんと無くなってしまっているのか。流行りのものというのがあるのは分かります、でもそれと、皆に愛される街のラーメン屋がどんどん少なくなることが同時に進行されるのは困ります。

わたくしの実家の近くのバス停前にその、いわゆる街中華があったんですね、昔から。看板の見た目が変わっていなかったので「あぁさすがバス停前の利便性、ここだけはサバイバルしているなぁ」と長い事思っていたんですけど、この間入ってみたら中国人一家が経営する本物の中国料理店にすげ変わっていました(笑)。おまけにそんなに美味しくなかった、本場なのにもー。


  S
Posted by ST at 2017年08月11日 03:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: