2017年08月10日

とんぼ玉職人組合【雷神宮賛社中】工房たより。8月吉日!COON-40Hは今!

アンテーク【COON-40H】 …その後のご活躍情報で御座います。



新大陸「ボストン」在住の営業部長様からこの島の所長様宅に留学に来てた超アンテークな【Coon-40H】様が、所長様宅からさらに…尾張の猿Bb工房に出張となって早くも三ヶ月が過ぎました。



早く尾張の水に馴染んでいただきたく、猿Bb工房では毎日の様に吹き込みをしまして、多少渋目だったスライドも使用前、使用後のお手入れを重ねる事二ヶ月余り。「擦り合わせ?」成果があらわれたのか、この処急激にスライドが軽やかに動く様に為り絶好調で御座います。



素質が良い物は丁寧に覚えさせれば間違い無くその学習能力で確実に甦りますネ。


ダイナミックを「ピアノ」に限定しての国立システムでのロングトーン。丁寧にベルの先「三メートル」で響かせるトレーニングを心がけて続けました。



五線の上、下線二本の「F」から上が、少し音隠り?…詰まり気味の傾向だった40H様(師匠比)。


何だか少しはその辺りも解消して来てる様に感じる今日この頃で御座います。(勿論。これはハイノートが苦手なベーストロンボーン吹きの爺さんの感想ですからネ…師匠比…としといて下さいませ)



しかし、中低音はこの楽器最初から鳴りってますネ!


いくらベーストロンボーン吹きが、テナートロンボーンのマウスピースで鳴らしたとしても、中低音の鳴らし方は心得てるつもりで御座います。



この楽器は本来「良く鳴る楽器!」なんでしょうね。非常に歯切れ良く鳴りますし、音離れや音切りにも素直に反応する気持ち良い楽器だと改めて感じて居ます。


小ぶりのベルサイズで500ボァーながら、地金素地が厚い造りでしっかりしてる。

メッキも丁寧にされてるし、経年(90年)の劣化も殆ど表面的には表れて居ない!


純正のCoonオリジナルのマウスピースが付いて無いのが唯一残念ですが、有ったらどんな感じだったのか?吹いて実際体験したかったですね…!



先般6月の名古屋最大のビックバンドイベントの【ビーハッピー・ジャズ・フェスティバル】のステージでエキストラながらこの40H様と一緒にビックバンドの2ndトロンボーンとして板に上がり吹きました!(山野社会人ビックバンドフェスティバルにも名古屋から参加した「アレーキャッツビックバンド」です)



何と、音大時代以来のテナートロンボーンでのビックバンドご披露でした。



事前に充分に準備は致しましたが、慣れない2ndパートを吹くのに40H様は見事にワタシのサポートに力を貸してくれました(笑)。テナー専門のメンバーに混ざっても何ら遜色無く30分を吹き終える事が出来たのはこの楽器のポテンシャルの高さだと思って居ます。



さて。この「40H」様。概ね、今の状態でも製造当時の(90年前)「音色」が出ているのでは無いかと思える程良い状態を保っております。

流石にボストンの営業部長が先祖代々の田地田畑を売って手に入れた楽器で御座います(笑)。



【工芸美術品】としても尾張に留めて置きたいCOON-40H様で御座います。


はたして我が家の中部国際空港より多少は広い中庭のどの辺りを売れば譲って頂けるのでしょうか…(笑)?
40h.jpg
posted by ueda at 07:38| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
師匠、その楽器は実費(買い値プラス修理費)が5万両前後でした。

その値段で現金で、あと転売時には必ずご連絡頂く(基本買い戻させて頂きたいと思っています)という条件で良ければお譲りします。

アンティーク過ぎて値段がつかないと思うので、完全に主観だけで決めました。それを高いと見るか安いと見るかは、師匠次第です(笑)。

どちらにしても、わたしの次の帰国まではご自由にお使い下さい、所長が取り戻したいという場合を除いては、来年の春までは愛知県在住で問題ないです。あと、師匠の元から又貸しは禁止、でお願いします、師匠立ち会いの元で試奏に関しては依存ございません。

しかし、始終エッチが段々師匠好みのオンナに変貌していっているのが面白い、読んでいるだけでワクワクします!相当すけべぇなワザとかを教え込んでいるんだろうなぁと、再会する日を想像するだけで興奮しております(笑)、来年帰国時にお会いするときに一緒に会えることを楽しみにしていますっ。


  S



Posted by ST at 2017年08月10日 10:12
フェアートレードなコメントで有り難う御座います。いゃ〜!楽器って本当に値段は有って無い?様なものなんですぬ!ワタシが吹いたり舐めたり触ったり、相当Hな事しながら思ってた相場とはかなりの違い!確かに年代を考えたら相当の孰女様なんですが…大正ロマンを引き継ぎ昭和の色気を感じる40H嬢。所長の承諾を得られたなら猿Bb工房のお仲間にしたいと思っております。また子細はメールの方で連絡させて頂きます。40Hはワタシの目の届く範囲で行動してます。浮気は赦していません(笑)
Posted by 師匠 at 2017年08月10日 10:38
了解しました、ご連絡下さい。

師匠の撮った写真は、わたしが最初に写真を何枚か撮ったときに撮りそこねていたベル内側の金色が綺麗に撮れていて素晴らしいです。元々素性の良い楽器です、師匠どんどん吹いてやって下さい!


  S
Posted by ST at 2017年08月10日 21:24
40Hは製造からかなり経っているにもかかわらず、スライドの片減りがなく、現在でもチューニング機構が完璧に機能するので、元々の作りはかなり良いみたいですね。

また、愛情を持って接すれば接するほどいい音を出してくれますよね。肉厚の割には反応は決して悪くありませんし、古楽器の割には我慢する部分が少ないというか、むしろ吹いていて愛着が沸くタイプの楽器だと思います。

それから、我が家に居たときよりも楽器がピカピカになっているような気がします。師匠に大切に扱われて40Hもさぞ幸せなことでしょう。

元々STさんの所有物ですので、師匠に引き取って頂くことについては何の問題ありません。

お送りしたケースは、もし宜しければ「夏休みの特別キャンペーン」でお付けします(笑)。40Hには少し大きめですが、楽器を保護する分には問題ないと思います。太管も入るので、何かとつぶしが利くと思います。
Posted by ytb at 2017年08月10日 22:43
あ、所長!ご好意感謝致しますっ。

清算が済んだ折りには「新大久保タンメン餃子付き/2回」券を進呈させて頂きます、または角を曲がって王将で餃子にビールを。実はケースのことを完全に失念しておりました、改めてお詫び申し上げます。

とりあえず、わたしの帰国時までは売買抜きの状態を維持とさせて頂きますので、もし所長が一時回収して録音に使いたいなどとということがあれば、そちらで師匠とやりとりして頂ければよろしいかと。しかし、40Hもこれほどみんなに愛されて、楽器冥利に尽きますね!


  S
Posted by ST at 2017年08月11日 03:20
STさん、帰国時にはいつも沢山お土産を頂いているので、どうぞお気遣いなく。最近ハードケースが増えたので、我が家にはもはや空席がなく、師匠のところに置いてもらった方がありがたいという事情もあります。

現在、7インチの古楽器だけでも4本ありますので、40Hは師匠のところで可愛がってもらったらよいと思います。
Posted by ytb at 2017年08月11日 12:12
st殿そして所長。夏休みやお盆休みに入りましたか?ワタシはシガナイ職人で御座いまして、お休みは無いです(笑)この度々は始終H嬢の件で色々お気遣いを頂きまして恐縮で御座います。古楽器はやはり格別なものが御座いますね!癖が有って当たり前!十人十色!色んな色っぽサ…を発見する度にドキドキします(笑)最近は音出しの八割は40H嬢に填まっています!
Posted by 師匠 at 2017年08月11日 12:52
え??所長、タンメンと餃子、い、いらないんすか。。。??

 S
Posted by ST at 2017年08月11日 21:12
師匠

40H、そんなに可愛がって頂いているのだったら本望でしょう!きっと神様が、「近い将来師匠が喜ぶだろうか、今のうちに40Hを一本買っておけ」と念を発してわたしに買わせたのだと思います(笑)。

太管と細管、テナーとバストロ、大きい楽器と小さい楽器を行き来するとき、それぞれの楽器を選ばないと「どうにも調子が悪くなるコンビネーション」があるように思います。以前、88Hと他の細管を併用していた時、楽器を変えるたびに調子が悪くなることが多々ありました。40H、そんなに吹いてもらっているということは、バストロと交互に吹いて相互に良い効果があるコンビだということかな、とふと思いました。わたくし事ですが、ヤマハのVバルブ太管と891Zを併用するようになってから、どちらの調子も良くなる、という現象が起きています。楽器ってホント不思議ですよ。

師匠、40Hをよろしくお願いします。


  S
Posted by ST at 2017年08月11日 21:24
トロンボーンに触り。舐めて撫で回して60年!最近やっと【テナートロンボーン】の面白さ!ハイノートの出し方!シラブルの加減!等が理解出来る様に為りました。凡人は気がつくのが遅いです(笑)。テナーの面白さは自前の「オールズ・アーミー」がキッカケ。所長の処から来た「マーチン・インディアナ」が火を付けて、今回の「coon-40H」が中毒にしてくれました(笑)。来年の新大久保湯麺サミットまでには「バストロ」を辞めて完全にテナー中毒禁断症状になってるかも(笑)。テナーって面白いス!
Posted by 師匠 at 2017年08月11日 22:52
師匠

そりゃぁやっぱり花形はテナーですよね、分かります(笑)。バストロはバストロの良さ、テナーはテナーとそれぞれ面白いとこがありますから、両方極めちゃうのは相当かっこいいと思います。

あと、最近面白いと思ったのは、普段使っている太管テナー用のマウスピースでバストロを吹くと、普段のテナーの音がしてしまう(笑)のに、バストロ用の大きなピースに変えると急にバストロの音になることですね。適材適所といいますか、バストロらしい音というのはやはりバストロサイズのピースで始めて出るもんなんだ、ということと、素性の良いバストロは、テナーのピースで吹くとテナーの音がするということを近年発見いたしました。


  S
Posted by ST at 2017年08月12日 13:58
わかります!分かります!(笑) ワタシの経験では器がベーストロンボーンならマウスピー・サイズ限界は【3G】まで!5Gもベーストロンボーン対応とうたってますがst殿言われる様にワタシがこのマウスピースで吹いても「テナートロンボーン」の音になってしまいますね。だからベーストロンボーンの「音」を出す為なら【3G】以上のサイズのマウスピースを使う事になると思います。 やはり楽器の【音色】を決定つけて居るのは【マウスピース】!…とのワタシめの勝手な理論にまた戻るんですよね!(笑) 営業部長に質問? 40H様用にマウスピースを作るとして【5G】か【6-1/2AL】サイズの物はやはりバランス的に合わないでしょうか?
Posted by 師匠 at 2017年08月14日 11:10
師匠!

師匠のところにはファーガソン1Sがありますから、まずそこから始めるのがいいかと思います。もし1Sだと「ばふんっ」となりすぎる(あり得ると思いました、何しろ7インチベル)ようでしたら、そこから小さくしてゆくのがよいと思います。

確かに、わたしが最終的にどうしても40Hに馴染み切れない大もとは、マウスピース問題だと思います。どうしても6半より小さくすることは出来ない(不器用でどうしようもないです)ので、楽器と意見が噛み合ないというか(笑)。もうちょっと小さいピースのほうが、ベルとのバランスが良いかもしれん、と考えます。何しろその昔のモデルですから、使われたピースも今より大分小さかったとは思うんですね、そういう設計なんじゃないかと。

でも、そんなことも個人差が絶対あります、間違いなくあります。師匠はすでに40Hが気に入っておられる訳ですから、普段吹いているバストロと40Hの間をうまく繋げてくれるピースが、私には思いもよらないようなチョイスが、師匠専用のよいものが絶対あります。それこそ中込さんと相談する手があるかもしれませんし、師匠お手持ちの中にころんと転がっているかもしれません。師匠のお知り合いの方の机の引き出しに、「こんなの使える訳ないじゃん」って言われて置きっぱなしになっている中にあるかもしれません。「バック1半コピー@ウィリーズ」の時のように、試行錯誤しながら行きつく先があります、絶対!

少し重めのボデーのものが良いのか、それとも軽量ライト級のほうがよいのか?あ、ちなみに例のドイツ製細管を吹かれていた方のモネはどうでしょう?ものは試しで試させて貰ったら、何かのきっかけになるかも?あれは今のわたしのイチオシです、7インチベルでもモノともしないと思います(笑)。


  S

PS モネのコピーをウィリーズで作って貰うと本家より安くなりますね(笑)。あ、これは言ったらいかんのか!? みなさん、そんなことはだぁれも考えてませんよー。。。
Posted by ST at 2017年08月15日 13:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: