2017年10月03日

とんぼ玉職人組合【雷神宮賛社中】工房たより。◎豊かなり瑞穂の國。

田圃探偵団!…は我らの所長の「ライフワーク」だと伺っていますが、この師匠もわりと田圃が好きで、鎮守の杜近くの田圃には時々でかけて居ます。


別段、何をするでも無いのですが…ぼんやりと田圃を眺めて、この島の将来を憂いて居るだけで御座います…(笑)。



この辺りには小さいながらも「祠」や「古墳」が御座いまして、田圃の中に「祠」が点在してたりで、この実りの秋に相応しい風景も楽しめます。


田圃脇を通りますと、稲の臭いがして参ります。


瑞穂の國の香りと風景!豊かな気持ちになれますね。この豊かな大地に感謝で御座いますょ。五穀豊穣を祈る気持ちで御座います。
171002_1003~002.jpg
posted by ueda at 18:41| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

とんぼ玉職人組合【雷神宮賛社中】工房たより。◎ハイ・カロリー「灯油バーナー」

旧い灯油バーナーを複数台もって居ます。


先代師匠の形見の石油バーナーもこの中に有ります。


普段使いの「改良型バーナー」には重宝してますが、今一の「カロリー」不足が気になっておりました。



職人仕事は「時間給!」で御座います(笑)。


またストレスに弱い硝子素材の事も考えると工作時間は【短い!】…にこした事は御座いません。



その為にも【火元】のお釜のカロリーをアップして能率良い作業が理想的なので御座います。


既製の灯油バーナーでは一般的な作業には何ら支障は御座いませんが…このお釜を何とか【ハイパワー】なバーナーに出来ないか?色々と改造をやっております。



今回は一番旧いお釜を改良致しまして、従来型のバーナーの約倍(当社比)近くのカロリーを引き出す事に成功!作業能率が3割(当社比)程向上致しました。



まだ細かな調整をやっておりまして本格的な作業には使えて居ませんが段々と仕上がってきて居ますので実戦に使える日も間近だと思います。


四台ある【石油バーナー】


全くの手付かずのオリジナル仕様は唯一一台きり…と為りました。
170929_0729~001(1).jpg
posted by ueda at 19:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

とんぼ玉職人組合【雷神宮賛社中】工房たより。◎先代譲りの【江戸とんぼ玉】。

江戸や大阪で作られてた「とんぼ玉」は当時の名人達により、趣向の限りを尽くされて【かんざし】【根付け玉】【緒締め玉】【風鎮】【飾り玉】…と粋を凝らしたものが沢山コサエられておりました。


「玉屋平三郎」「播磨屋由兵衛」「ギヤマン平七」「渡部喜兵衛」「和泉屋嘉兵衛」「泉喜三郎」…当時の名人達の名前で御座います。


生産地は長崎。大阪。京都。江戸等で主に作られて居ましたが、特に大阪を中心とする関西が中心で御座いました。



その「江戸とんぼ玉」は紋様から見ますと、無地の色玉や梨地玉。花文や巻き毛等の模様を入れたもの。縦横の縞目文様。波状文様渦巻き文様。わりと現代的に見えるマーブルや斑点同心円文様…と多種に及びます。


アタシの先代師匠はこの伝統的な「江戸玉」をコサエル事の出来た最後の職人で御座いまして、只今でも貴重なこの師匠手作りの「江戸とんぼ玉」を遺作として大切に保存しております(写真)。


時には思い出した様に真似てコサエますが、まだまだ先代の様な粋で「渋」い品には届かないのが現実(笑)。

とんぼの道は遥か遠くに!…人生先は短く、すぐっと其処に!…で御座いますょ。(笑)
170928_1645~001.jpg
posted by ueda at 08:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする