2017年08月12日

とんぼ玉職人組合【雷神宮賛社中】工房たより。◎1962年…マウント・バーノン工房!。

ニューヨークはマンハッタンで創業した【ヴィンセント・バック】社。


1928年から1953年まで《ニューヨークのブロンクス》に製造拠点が御座いました。


そして1953年から1965年までは同じくニューヨークの《マウント・バーノン》に工房を構えて居たそうで御座います。



いよいよ会社がメジャーの仲間入りをした1965年からは、インディアナ州の《エルクハート》に会社工房を移して製造を始めるのですが、このインディアナ州の「エルクハート」で製造された以前の楽器はエルクハート製造の楽器と区別するために総じて【ニューヨーク・バック】と呼ばれてるそうで御座います。皆さんはご存知だと思います。


そして、まだまだ細かく分類する事もあるそうで御座いまして…厳密には楽器のベル部分にある刻印に「NEWYORK」とあるのは【ニューヨーク・バック】と呼び、「MT.VERNON」と刻印が有るのは【マウント・バーノン・バック】として分類するのがプロの正しい見分け方だそうで御座います…細かァ〜!(笑)。これはご存知でしたか…?あたしゃ〜知りませんでした(笑)。



で。ワタシ個人的にはその《マウント・バーノン》工房製造(1961年)のVバック・ベーストロンボーン【50B】と、同じく付属のマウスピース【1ハーフG】を国立音大学生時代から「高橋達也&東京ユニオン」時代にかけて長らく使っておりました(1961年から1976年)。



そして今は名古屋に住まい、名古屋の「ドルチェ楽器」に出入りしてスタッフの皆さんと仲良くさせて頂いて居ますが…たまたま、その徒然の話の中でのマウスピースの話で盛り上がったおりに、ドルチェさんからの情報として有名な【Willie's】の中込君の山梨工房に、マウント・バーノン時代の「1ハーフG」サイズのベーストロンボーン・マウスピースの子細な実測『サイズデーター』が有る!


…そして、そのデータを元に「復刻再製版マウスピース」なるものを造る事が今の技術で可能である!…との嬉しい信じられない様なニュースが飛び込んで来たので御座います。


ウイリーズ社長の中込君とは国立音大先輩の細洞さんがプロデュースする「飛騨トロンボーンフェスティバル」や「八ヶ岳トロンボーンフェスティバル」に参加した際に親しくなりまして顔馴染みだったし、彼の工房のマウスピースも一本持っても居るご贔屓様でも御座いました(笑)。



しかし、あたしゃ〜!長年この「マウント・バーノン」製のマウスピースは探し続けて居たので御座いますよ。


で、渡りに舟!…冷やし中華に「辛子」!焼きナスに生姜!(笑)で御座いまして…藁をも掴む思いで早速注文したのは当然で御座います。



そして某月の吉日!…ついに尾張の我が猿Bb工房に待ちに待った「マウント・バーノン復刻版」のマウスピースが新たな刻印【Q1-1/2G】カスタムとして、金ピカ状態でやって来たので御座いますょ!


『お祝いだァ〜!』と早速歓迎の宴を盛大にひらきましたよ。


時期も時期!地元に近い清流長良川で捕れた「鮎」を買って来て「鮎の田楽」作りで御座います。


西京味噌(白)と八丁味噌(黒)を混ぜて合わせ味醂で甘口にしてたっぷりと付け火で炙ります。酢どり生姜を添えて先ずは鮎の田楽の出来あがり〜ぃ!。

お付けの口直しは「小なすの蓼漬け」を作り江戸風にまとめました!…季節感たっぷりの「祝膳」と致しましたよ(笑)。しかし、田楽炙り鮎。美味しかったス!



…その祝い膳で盛大に迎えたマウントバーノン復刻版マウスピース衝撃の再会?…から二ヶ月余り。


アタシのtrbの【質…たち…】が決定的に変わりました!。


マジ。手前味噌でも八丁味噌でも(笑)…自画自賛でも自我手愛?でも…まぁ、何でも良いですが、猿Bb工房のQカスタムトロンボーンがまるで違う【トロンボーン】に変身した様に鳴るので御座います(笑)。無茶苦茶調子良いのです。


いゃ〜!10年前に約40年振りに楽器を再開吹き始めて以来久しぶりに味わう自己満足感!こんな時が来ようとは想像だにして居ませんでした。


原因はこの復刻版マウスピース以外に考えられません!


ドルチェ楽器様のお陰!
中込大明神様のお陰!ウィリーズ様!のおかげ!マウントバーノン様!のお陰で御座います。(笑)。



一番印象に残る時代の馴染んだ「マウスピース」。


確かに復刻再製物では御座いますが、昔のQちゃんの【音】をこのマウスピースで身体が思い出させてくれてたんですねぇ!感謝で御座います。
170810_1947~001.jpg
posted by ueda at 07:49| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

とんぼ玉職人組合【雷神宮賛社中】工房たより。○硝子問屋への電車旅!

朝から猛暑!…熱中症注意報発令中!


お盆直前のこの日。尾張の硝子問屋【十條】に行って参りました。


名鉄犬山線。地下鉄東山線。名鉄瀬戸線を乗り継いで片道約一時間半の電車旅で御座いました。


年に5〜6回は「硝子材料」を直接買い入れに出向くのですが、硝子問屋「十條」は駅からは近い所に在るので歩き専門の年寄りにとっては非常に助かっておるんで御座います。


沢山の買い出しの時は流石に電車や歩きでは運べないので、弟子の胡蝶先生に車をだして手伝って頂くのですが…今回は胡蝶先生、お盆で帰省中…仕方なく電車を乗り継いで行った次第で御座います。


とんぼ玉関係の皆様。硝子材料はどうして手に入れておられますか?


直接浪花の保夫君の工場。「佐竹硝子」からお買い上げなんでしょうか?



【佐竹硝子】…東名阪と西名阪を使い、車で硝子材料を買い出しに行ってた(若くて元気だった…)昔が懐かしいですネ(笑)。あの頃は元気でした!


今日の旅?。名鉄瀬戸線の「喜多山駅」のホームにたって電車を待ってたら、何だか懐かしい物が目に入りましたので思わずパシャリ!しました。


旧い手動式の引き込み線用の「ポイント切り換え機」(正式名称わからず)で御座います。(写真)


猛暑の中、結局今日の硝子材料の買い出しは半日以上の大仕事に為りました(笑)。

さぁ!また明日から工房仕事!職人ギヤマン平七組の作業が続きます!


ご贔屓の皆様。どうぞお元気でこのクソ!暑い夏をなんとかやり過ごしましょうや!。
170810_1411~001.jpg

posted by ueda at 07:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

とんぼ玉職人組合【雷神宮賛社中】工房たより。8月吉日!COON-40Hは今!

アンテーク【COON-40H】 …その後のご活躍情報で御座います。



新大陸「ボストン」在住の営業部長様からこの島の所長様宅に留学に来てた超アンテークな【Coon-40H】様が、所長様宅からさらに…尾張の猿Bb工房に出張となって早くも三ヶ月が過ぎました。



早く尾張の水に馴染んでいただきたく、猿Bb工房では毎日の様に吹き込みをしまして、多少渋目だったスライドも使用前、使用後のお手入れを重ねる事二ヶ月余り。「擦り合わせ?」成果があらわれたのか、この処急激にスライドが軽やかに動く様に為り絶好調で御座います。



素質が良い物は丁寧に覚えさせれば間違い無くその学習能力で確実に甦りますネ。


ダイナミックを「ピアノ」に限定しての国立システムでのロングトーン。丁寧にベルの先「三メートル」で響かせるトレーニングを心がけて続けました。



五線の上、下線二本の「F」から上が、少し音隠り?…詰まり気味の傾向だった40H様(師匠比)。


何だか少しはその辺りも解消して来てる様に感じる今日この頃で御座います。(勿論。これはハイノートが苦手なベーストロンボーン吹きの爺さんの感想ですからネ…師匠比…としといて下さいませ)



しかし、中低音はこの楽器最初から鳴りってますネ!


いくらベーストロンボーン吹きが、テナートロンボーンのマウスピースで鳴らしたとしても、中低音の鳴らし方は心得てるつもりで御座います。



この楽器は本来「良く鳴る楽器!」なんでしょうね。非常に歯切れ良く鳴りますし、音離れや音切りにも素直に反応する気持ち良い楽器だと改めて感じて居ます。


小ぶりのベルサイズで500ボァーながら、地金素地が厚い造りでしっかりしてる。

メッキも丁寧にされてるし、経年(90年)の劣化も殆ど表面的には表れて居ない!


純正のCoonオリジナルのマウスピースが付いて無いのが唯一残念ですが、有ったらどんな感じだったのか?吹いて実際体験したかったですね…!



先般6月の名古屋最大のビックバンドイベントの【ビーハッピー・ジャズ・フェスティバル】のステージでエキストラながらこの40H様と一緒にビックバンドの2ndトロンボーンとして板に上がり吹きました!(山野社会人ビックバンドフェスティバルにも名古屋から参加した「アレーキャッツビックバンド」です)



何と、音大時代以来のテナートロンボーンでのビックバンドご披露でした。



事前に充分に準備は致しましたが、慣れない2ndパートを吹くのに40H様は見事にワタシのサポートに力を貸してくれました(笑)。テナー専門のメンバーに混ざっても何ら遜色無く30分を吹き終える事が出来たのはこの楽器のポテンシャルの高さだと思って居ます。



さて。この「40H」様。概ね、今の状態でも製造当時の(90年前)「音色」が出ているのでは無いかと思える程良い状態を保っております。

流石にボストンの営業部長が先祖代々の田地田畑を売って手に入れた楽器で御座います(笑)。



【工芸美術品】としても尾張に留めて置きたいCOON-40H様で御座います。


はたして我が家の中部国際空港より多少は広い中庭のどの辺りを売れば譲って頂けるのでしょうか…(笑)?
40h.jpg
posted by ueda at 07:38| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする