2018年02月10日

蜻蛉玉職人組合【雷神宮賛社中】工房たより。◎もう一つの卑弥呼胸飾り…撹乱。

「卑弥呼」晩年の胸飾り…をイメージしました。


デーハーになって居ますネ…(笑)。


モノの言い伝えでは卑弥呼の晩年は余り幸せでは無く、後継者も定まらない内の突然の死!…だったようで御座いますね!



実話…偶然あの時代の人に逢えまして、その話しをそれと無く聞き出しました(笑)…事実だったそうで御座います。



卑弥呼晩年は邪馬台国も近隣諸国との覇権で内輪もめが始まり、女王としての統率力も低下…国は乱れて行くばかりだったそうで御座います。その方が見てきた事実を語ってくれましたから間違いない話だと思います。


不幸せな晩年を嘆き、蘇る力を願望する当時の卑弥呼の気持ちを【朱赤】を中心とした活力の色配置で強調して見ました。【卑弥呼ファイナル・ステージ】で御座います。
180122_1831_001.jpg
posted by ueda at 18:57| Comment(0) | 蜻蛉球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

蜻蛉玉職人とjazz。◎ピーナツバターと牛乳の話。

若い頃から「ピーナツバター」と「牛乳」が大好きでした。


パン食の時には、何が無くてもこの二つの【組み合わせ】は欠かせないもので、これが無い食卓ではいくら美味しそうなパンが目の前に有っても…、ご飯にしました(笑)!。



「アップル・パイ」…師匠の中での好き度?ベストテンでは、このアップルパイがダントツの「一位」ですが「ピーナツ・バター」と「牛乳」の組み合わせ!もベストテンに楽々ライクインしております(笑)。



要するに「甘党」なんでございますが、何故だか新大陸植民地の国民的な食べ物が師匠の嗜好て合致してる様にも感じますがどうなんで御座いましょうか…?。

今日も近くのスーパーに行き、フランスパンとピーナツバターと牛乳の三点組み合わせで朝の食料を買って帰りました。


今日も寒い一日でしたね!
180205_1605_001.jpg
posted by ueda at 09:55| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蜻蛉玉職人組合【雷神宮賛社中】工房たより。◎如月の「花蜻蛉玉」

「節分」「立春」「初午」…と矢継ぎ早に暦の上では【春】が乱舞しておりまするが、現実の暦では連日旧大陸より大寒波がおしよせて来てまして各地に大雪、大寒波の報道賑やかで御座いますね!


アタシ等の年代になりますると、暦とこの現実のギャップを特に肌で感じるこの頃で御座いますわ。



ご贔屓の皆様は恙無く御過ごしなんで御座いますせうか?



「聖バレンタイン」の日が、この島の【紀元節】よりも話題の中心となり、マスコミ報道も企業も国会も?…大々的に取り上げてる最近の「歴史感」…可笑しか無いですか?

古い大和人に属する師匠はこういった処を非常に心配しております。


…とは言いながらも。バレンタインチョコの今年の味とか?、きっと届くと皮算用してるチョコの『数』に気をもんでる軟弱な爺さんなんですよねぇ〜(笑)。



チョコレートは高カロリーだそうなので、最近とみに血圧が高い師匠にはかなりヤバイ食べ物になるのでしょうが…(笑)。


今年に入り特に寒暖差に敏感に反応して血圧が上下するのを『自意識』してます!これはヤバイので少し注意が必要だと注意はしておりますが…。


早朝散歩でお世話になってる鎮守の杜の『西洋水仙』。


今朝も、この寒さをモノともせず丈夫に咲いておりましたょ。
180119_1424_002.jpg
posted by ueda at 09:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

蜻蛉玉職人とjazz。◎2月6日の午後!

如月6日。


今日は旧七草の日でも御座いますよネ。


朝から自宅工房で作業を致しておりますが…時々素敵なメロディーが浮かぶので楽器を手に取って吹いたりしております(笑)。



何せ、零細企業の猿Bb工房が二歩も歩かなくとも良い近場?に有るのでこんな時は便利で御座います。


そしてあの胡蝶先生が体調を崩して(鬼の攪乱?)休んでると連絡が入りました。

あんなに元気な人でも今回の風邪はダウンさせるんですねぇ!


今夜は蟹缶が二つ有るから、蟹缶雑炊でも作りましょうか?。では。
180206_1414_001.jpg
posted by ueda at 08:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蜻蛉玉職人とjazz。

城下町の常識…?

御屋敷街、2月の玄関飾りで御座います。


この前を通る度に、下卑た看板が並ぶ城下町表通りの「汚れ」…を忘れさせてくれますし、今の浮かれたお城下の空気をマトモに引き戻し、城下町お武家の「凛」とした心魂を保ってくれてる「癒しの」スポットで御座います。
180202_1049_001.jpg
posted by ueda at 08:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする